暑さから守る! シニア犬と過ごす夏の注意点

寝ている犬

気温が高い夏は犬も人間と同じように体調を崩しやすくなってしまいます。
特にシニア犬は体力が衰え始め、体温調整が難しく負担が大きくなっている場合があります。
シニア犬を夏の暑さから守るにはどうしたらよいのでしょうか?
今回は夏の暑さ対策や食事など、シニア犬との夏の過ごし方と注意点を紹介します。

シニア犬にとって夏の暑さは大きな負担

犬はそもそも人間よりも暑さに弱い生き物です。
それに加え、シニア犬は感覚器官が鈍くなっていることが多く、自分の体温上昇に気づいていない場合があります。
さらにシニア犬にとって、体温調節をするために行う「バウンティング」も大きな負担になります。
バウンティングとは口を開けてハッハッと呼吸をする動作のことです。
このバウンティングは筋肉をたくさん使う動作なので、体力が落ちているシニア犬にとっては大きな負担になってしまうのです。

シニア犬の暑さから守るには?

部屋の温度を調整する

シニア犬は運動量が減るため、ほとんどの時間を自宅で過ごします。
そのためシニア犬が過ごす部屋はエアコンで室温を調整する方が良いでしょう。特に暑い夏には注意が必要です。
犬は人間よりも体感温度が高いので、人間よりも暑さに弱いという特徴があります。

部屋の温度は、人間が少し涼しいと感じるくらいに調整すると犬にとって過ごしやすいです。
犬にとって過ごしやすい室温は、25度~28度だといわれています。
ただ、シニア犬の場合は体が冷えやすい傾向があるので注意が必要です。
犬の足先が冷たくなっている場合は部屋が寒すぎる時がありますので、足先の温度を確認して室温を調整してください。

水分補給に気を付ける

シニア犬は感覚器官が鈍り始め、喉の渇きに鈍感になる場合があります。そのため、水分不足になってしまうことがあるので注意が必要です。
犬の一日の標準水分摂取量は「体重(kg)×30+70」だといわれています。
暑い夏の場合、水分不足は熱中症になってしまう危険もあるので、水分補給の量をしっかり観察しましょう。
あまり水を飲みたがらない場合、犬用のミルクや犬の好物のゆで汁を凍らせたものを与えるのがオススメです。
香りがついているので、進んで飲んでくれる場合が多いです。

シニア犬と上手に夏を乗り越えよう!

寝ている犬

シニア犬にとって夏は過ごしづらい日が続きますので、しっかりとケアしてあげなければいけません。
何より大切なのは、犬の様子をこまめに観察することです。

小さな変化でも早めに気づくことで犬の負担を減らすことができます。
シニア犬が元気に過ごせる環境づくりを心掛け、暑い夏を乗り越えましょう。