トイレの失敗は老化が原因かも? シニア犬のトイレで気をつけること

トイレの失敗は老化が原因かも? シニア犬のトイレで気をつけること

長年愛犬と暮らしていると、ある日突然トイレに失敗してしまうことがあるかもしれません。
これは、人間と同じく老化現象のひとつであり、どの犬にも起こりうることです。
むやみに叱りつけたり、しつけ直したりすることはせず、優しく状況を受け入れましょう。
ここでは、老化によるシニア犬のトイレ失敗の原因をいくつか挙げるとともに、飼い主も犬もストレスなく暮らせる工夫をご紹介します。

シニア犬のトイレ失敗例とは? どうして起こるの?

年齢を重ねた犬は、目に見える老化現象だけではなく体内の働きも確実に衰えはじめています。
トイレの失敗例として最も多い“お漏らし”ですが、これは筋肉の衰えによってトイレまで急いで移動することができなくなったり、おしりの周りに力が入りにくくなったり、若い頃のようにおしっこを多く溜めておく力がなくなったりすることが原因と考えられます。
こういった老化による原因のほかにも、腎機能の低下や膀胱炎、認知症といった病気である可能性もあります。
愛犬の体調の様子をよく観察し、ほかにも気になる点があるならば自分で判断せず、動物病院へ相談することをおすすめします。

シニア犬のトイレ失敗の予防・対策法とは?

室内でのトイレ習慣がある場合

トイレのスペースを拡張するのがベストです。新たにトイレの場所を増やす手段もありますが、それを覚えるのにまた時間がかかり、ストレスの原因になる恐れもあるので、無理に行わないようにしましょう。
また、犬が過ごす場所からトイレまでの間には、家具などの遮るものがないようにすると安心です。

屋外でのトイレ習慣がある場合

いつものトイレ時間よりも早めに外に連れ出すことでお漏らし防止の効果が期待できます。
さらに屋外派の犬の中には、ベランダにトイレスペースを作ると、そこでトイレができるようになることもあります。
成功の秘訣は、トイレスペースに砂利や土、草などを配していつもトイレする場所と同じような環境を作ることです。

おむつの導入、使い方には工夫が必要

それでも部屋を汚してしまうことが増え、くしゃみなどのちょっとした衝撃でもお漏らしするようになったら、ペット用のおむつも視野に入れてみてはいかがでしょうか。

ただし、蒸れによる皮膚炎や感染症などの原因にもなるので、長時間の装着は避けこまめに新しいおむつに変えましょう。
また、自分でトイレができそうなタイミングがもし分かるようであれば、その時はおむつを外すことで、犬のプライドを守ることができます。

ありのままの愛犬を受け入れよう!

ありのままの愛犬を受け入れよう!

トイレの失敗は、犬にも飼い主にとっても精神的な負担となります。
大切なことは、犬がいかに快適に過ごすことができるかを考え、環境を整えることです。
部屋の片づけや散歩の回数が増えるなど、今までよりは飼い主の負担が大きくなりますが、犬の老化現象はごく自然で当たり前のことです。
「長くそばにいてくれてありがとう」という気持ちを忘れずおおらかな気持ちで接することで、お互いがより快適でおだやかな生活を送ることができるでしょう。