シニア犬の散歩で注意すべきポイントは?

シニア犬の散歩で注意すべきポイントは?

若い頃は元気いっぱいで散歩が大好きだった犬でも、高齢になると体力が落ちて散歩中につらそうな様子を見せたり、散歩に行きたがらなくなったりするものです。
このようなとき、今までどおり散歩をさせたほうがいいのか、シニア犬になったら散歩は控えたほうがいいのか迷ってしまうという方もいらっしゃるかと思います。
今回はシニア犬の散歩について、考え方やポイントをお伝えします。

散歩はシニア犬の健康維持に役立つ

シニア犬になって、若い頃のように散歩で大喜びしなくなったとしても、散歩の習慣はなるべく続けていくことをおすすめします。
ゆっくりしたペースであっても毎日歩くことで足や背中の筋力を保ち、シニア犬が寝たきりになるのを防ぐ効果があるのです。

また、運動には血行を良くして基礎代謝を高める効果もあります。散歩中の排便や排尿の回数や状態に変化がないか、日々確認できるのもメリットです。
シニア犬の体力や健康維持のために、散歩は大切な習慣なのです。
もちろん、散歩はシニア犬にとって大好きな飼い主との濃密なコミュニケーションの時間でもあります。シニア犬の精神面のケアという意味でも、散歩は大きな役割を果たしているのです。

シニア犬の散歩で注意すべきポイント

散歩はシニア犬になっても続けていきたい習慣ですが、若い頃と同じやり方を続けるのはシニア犬にとって負担になってしまうことがあります。
シニア犬の散歩では、以下のようなポイントに配慮するようにしてください。

散歩のコース・時間帯を見直す

高齢になると若い頃と比べてスタミナがなくなるのは、犬も人間も同じです。
若い頃と同じ散歩コースでは、シニア犬にとって運動量が多すぎる可能性があります。
散歩の途中で疲れた様子を見せるようなら、現在の体力に合わせて散歩コースを見直すことをおすすめします。
コンクリートの地面は足腰への負担大きいので、なるべく土や芝生の上を歩けるコースを選びましょう。坂道や段差などは、多少であればシニア犬の筋力や体力維持に役立ちますが、あまり多いとやはり負担になってしまいます。
シニア犬の様子を見つつ、今の体力や筋力に合わせた無理のないコースを見つけてください。

また、暑さや寒さにも配慮しましょう。
日差しが強く気温が高くなる時間帯の散歩は控え、朝や夕方など気候の穏やかな時間帯を選んで散歩するようにしてください。

シニア犬のペースに合わせゆっくりと

シニア犬のペースに合わせゆっくりと

シニア犬になると、同じ距離を散歩するのにも若い頃より時間がかかるようになります。
シニア犬のペースに合わせて、ゆっくりと時間をかけて散歩するようにしてください。

こまめな休憩や水分補給を挟み、シニア犬の様子をよく見ながら散歩しましょう。
いつもより体力が消耗しているようであれば、途中であっても散歩を切り上げて帰ったり、抱き上げて歩くのも良いでしょう。
多頭飼いの場合、元気いっぱいな若い犬と一緒に散歩させると、シニア犬にとって負担が大きくなってしまいます。
別々に散歩させるか、公園などを利用してシニア犬を休ませている間に、若い犬を遊ばせるなどの工夫をしてください。

シニア犬にとって、散歩は健康維持や精神面のケアに役立つ大切な習慣です。
今の体力に合わせて、無理なくできる範囲で散歩を続けて行かれることをおすすめします。