ニオイがきつくなった? シニア犬の体臭の原因と改善法

ニオイがきつくなった? シニア犬の体臭の原因と改善法

犬の体臭の強さは犬種によって異なりますが、若い頃はそれほど体臭がなかった犬でも年齢を重ねるに従って体臭が強くなってくることがあります。
人間と同様、犬にも加齢臭があるとも言えるでしょう。
どうしてシニア犬になると体臭が強くなるのでしょうか?
また、気になる体臭の発生を抑えるにはどのようなケアをするべきなのでしょうか?
今回は、シニア犬の体臭の原因と改善法についてご説明します。

犬の体臭はどうして生じる?

哺乳類には、「エクリン腺」と「アポクリン腺」という2種類の汗腺があります。
どちらの汗腺から出る汗もほぼ無臭ですが、成分に違いがあります。
エクリン腺から出る汗のほとんどが水分であるのに対して、アポクリン腺から出る汗にはたんぱく質や脂質、アンモニアなどの分泌物が含まれています。
これらの分泌物を皮膚表面の細菌が分解するときにニオイの原因となる物質が産生され、体臭となるのです。

犬も加齢にともない体臭が強くなる

シニア犬の体臭が強くなる原因として、加齢にともなってアポクリン腺からの分泌物が増えることが挙げられます。
分泌物が増えることで体臭の原因物質が多く作られ、以前よりも体臭が強くなるのです。
アポクリン腺からの分泌物の増加による加齢臭はどの犬にも起こりうることで、ある程度は仕方ないことです。
小まめなブラッシングや拭き取り、定期的なシャンプーなどでできるだけ清潔に保つことで体臭を軽減することができるでしょう。

皮膚や口内のトラブルが原因の場合も

皮膚や口内のトラブルが原因の場合も

加齢が原因の体臭は自然なことですが、シニア犬の場合、皮膚や耳内、口内の病気や炎症などといったトラブルが原因となって体臭が強くなるケースも少なくありません。
シニア犬になると、免疫機能の衰えなどから皮膚トラブルが起こりやすくなります。
炎症やフケなどによって被毛に雑菌が繁殖しやすくなり、ニオイの原因になっている場合もあるのです。

また、シニア犬になれば歯石も自然と蓄積されているものです。
それに加えて唾液の分泌が少なくなるため、歯周病などの口内トラブルも増えます。口内のトラブルは口臭の原因になるのはもちろん、腸内環境を悪化させるという意味でも体臭を強める原因になります。
こうしたトラブルが体臭を強めていると考えられる場合は、動物病院を受診して原因となっているトラブルに対して適切な処置や治療を受けるのが先決です。
あわせて、デンタルケアや腸内環境を整える食事などにも気を配ることが体臭対策につながるでしょう。

シニア犬の体臭が強くなるのにはさまざまな理由があります。日頃からしっかりとコミュニケーションすることで、体調の変化などにも早めに気づくことができるはずです。
日々のスキンシップを大切にしつつ、シニア犬の体のケアを行っていきましょう。