シニア犬は熱中症に注意! 犬の熱中症・日射病の原因と応急処置

シニア犬は熱中症に注意! 犬の熱中症・日射病の原因と応急処置

充分な水分補給をせず暑い環境下に長くいることで熱中症になってしまうのは人間だけではありません。
気を付けなければ犬も熱中症になることがあります。特に高齢のシニア犬は生理機能が衰えている傾向がありますので、いっそうの注意が必要です。
ここでは、気を付けておきたい犬の熱中症の原因や症状、応急処置法などをご紹介します。

熱中症の原因

犬は発汗による体温調節ができないので、人間よりも高温多湿に弱いです。
人間は平気な環境も、犬にとっては熱中症の原因になってしまうことがあるので気を付けてください。
犬の熱中症を引き起こすケースは以下の通りです。

・閉め切った室内に放置する
室内犬であれば、飼い主が外出をしているときも室内で留守番をすることになると思います。
その際ドアや窓は閉め切ってしまうと思いますが、閉め切られた室内は高温多湿になってしまいがちです。
小窓を開けておくなど、犬が熱中症になってしまわないように配慮しましょう。

・気温が高い時間帯に散歩に行く
真夏の真昼間など、気温が高い時間帯に散歩へ連れていくことも犬が熱中症になってしまう原因になります。
真夏のアスファルトは日当たりによっては50℃を超えることがあり、人間よりもアスファルトに体が近い犬は歩いているだけでも熱中症になってしまいます。
夕方や朝方など、散歩は気温の低い時間帯に行くようにしてください。

・暑い日に長時間外で遊ぶ
散歩ではなく庭などで遊ばせる際にも高温の日は注意が必要です。
気温が高い時間帯を避け、できるだけ長時間遊ぶのは避けるようにしましょう。

熱中症の症状

犬が熱中症になると、さまざまな症状が出てきます。
飼っている犬が次のような状態になっていたら、熱中症になっている可能性が高いので、すぐに対処するようにしましょう。

・ぐったりして動かない
急激な体温の上昇により、ぐったりとして動けなくなります。
元気だった犬が突然ぐったりしていたら熱中症を疑ってください。

・呼吸が荒い
犬は舌を出して呼吸することで体温調節をしています。
犬が大きく口を開け、普段よりもハァハァと大きな音を出しながら荒く呼吸をしているのを見つけたら、熱中症になっている可能性が高いです。

・よだれが大量に出る
ハァハァと荒い呼吸をしているときに、大量のよだれが出てくるようなら熱中症になっていると考えられます。

・食欲がなくなる
熱中症になることで食欲がなくなります。
ご飯をあげても食べたがらないときは熱中症を疑いましょう。
以上の症状に加え、下痢や嘔吐、けいれんなどの症状が出てきたら重症化している危険性があるのですぐに獣医師に診てもらうようにしてください。

熱中症になったときの対策法

熱中症になったときの対策法

犬が熱中症になったと考えられる場合は次のような応急処置を行います。

・水を掛けるなどして体温を下げる
犬をできるだけ涼しい場所に移動させ、冷水をしみ込ませたタオルを頭や脇の下、内またのつけねなどにかけます。
もしくは風呂場などで水を直接かけるなどして、犬の体温を下げましょう。

・水分補給をさせる
体を冷やしたら、水分を補給させます。
水でもいいですが、できればスポーツドリンクを2倍くらいの水で薄めて飲ませましょう。

水を飲む元気がなかったり、意識が混濁していたりする場合は緊急事態ですのですぐに獣医師に診てもらいましょう。
熱中症は度合いによっては命に係わることもありますので、暑い日などは常に犬の状態に気を配り、様子がおかしくないか確認するようにしてください。