犬の「首輪」と「ハーネス」の違いって? 体格や年齢で選ぶ犬の首輪

見上げる犬

犬用グッズを購入する際は、愛犬に適したアイテムを選ぶ必要があります。
特に「首輪」や「ハーネス」といった装具は、愛犬が長い時間身に着けるものですから、身体に合ったものを選ぶべきでしょう。
「首輪」と「ハーネス」の違いと、それぞれが持つメリットとデメリットについてご紹介します。

犬に首輪をつける3つのメリット

リードの着脱が手軽

愛犬に首輪をつける場合、いつでも簡単にリードを着脱できるという手軽さが一番の魅力と言えるでしょう。
サッとリードを取り付けることができるため、犬も飼い主も気軽に散歩に出かけることが可能です。

しつけしやすい

首輪に繋いだリードを引っ張ることで、飼い主の指示や意図をよりダイレクトに伝えることができます。まだ十分なしつけを受けていない幼い犬、飼い始めの犬には首輪が適しているでしょう。

費用を安く抑えられる

犬を飼い始めるための初期費用には、決して安くありません。
首輪は大きいものではないので、シンプルなデザインで必要最低限の強度があるものを選べばコストカットしやすいアイテムのひとつです。

首輪を付ける際に覚えておきたいデメリット

首輪の付け方やリードの操り方によっては、犬の気道を圧迫してしまう可能性があります。
犬が高齢だったり体調が思わしくない時、体格の小さな犬には、首輪を外す時間も設けるようにしましょう。

犬用ハーネスが持つ2つのメリット

犬の身体への負担が少ない

なでられる犬

一般的な首輪に対して、ハーネスは「胴輪」と呼ぶこともあります。もし犬が引っ張ったり、飼い主に引っ張られたりしても、その力がハーネス全体に分散されるため、犬の身体に負担がかかりにくいのです。

犬の歩行をサポートできる

ハーネスにはベストタイプのものだけでなく、犬の胴全体を覆う介護用ハーネスもあります。
身体全体を支えることができるため、足腰が弱った高齢犬や関節症を抱える犬の歩行を助けることができるのです。

犬用ハーネスのデメリット

しつけにはあまり適さない

ハーネスはリードにかかる力を分散させる効果があるため、犬を制御するという目的にはあまり適しているとは言えません。
これからしつけをする犬よりも、十分しつけが身についた成犬に適したアイテムと言えます。

さらに運動不足になる可能性も

介護用ハーネスを装着していれば、大型犬はバッグのように支えたり、小型犬ならショルダー掛けしたりすることも可能です。
ただ犬自身が自立できる場合、自分で歩く機会を奪ってしまうことにもなりかねません。
高齢犬の筋力を維持するためには、散歩以外にも室内でできる運動をさせると良いでしょう。

今回ご紹介した通り、首輪は子犬や成犬など元気な犬に、ハーネスは高齢犬や病気を抱えた犬に適していることが分かります。
どちらが優れているというものではなく、愛犬の年齢や健康面、しつけの必要さなどを考慮して、その時々に合った装具を選ぶと良いでしょう。